読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVUSA TIMES

日本最大級のボランティア学生団体IVUSAの素顔が読めるWEBマガジン

クラブマネージャーのつぶやき。⑤〜大阪高槻クラブ・高野将史さん〜

クラブマネージャーのつぶやき。

◯クラブマネージャーのつぶやき。⑤〜大阪高槻クラブ・高野将史さん〜


最近寒くなってきて持病のイルミネーションを見ると寒イボがでる病に悩まされています。
大阪高槻クラブ関西大学社会安全学部3年の高野将史です。
大阪高槻クラブの大自慢大会始めたいと思います。よろしくお願いします。







◯大阪高槻クラブについて

大阪高槻クラブは今年新設した1年目のクラブで、人数は68人のライト級クラブです。
関西大学の高槻キャンパス(通称:天空の城)にある総合情報学部と高槻ミューズキャンパスにある社会安全学部という2つの学部で構成されているため、普段から授業も同じで仲がよく、超アットホームなクラブです。

butマイナーな学部なため、変人も多いです。


さっ、1年目のクラブということですが、何と言っても高槻には「勢い」があります。
特に、現在は地域事業に力を入れていて、京都府木津川市のアート祭りに2週連続でお手伝いさせていただきました。高槻市内でも、今後の展開として、芥川清掃、農地開拓事業にも力をいれていきます。
そして高槻市にはオオバナミズキンバイも生えてきました。(複雑ですね)
1年目のクラブで地域事業にここまで手をつけることができたのはかなりの成果かなと思っています。


そんな高槻クラブの色は、「おもろい」です。
クラブ会のガヤの量は日本一。
クラブ事業のおもろさも日本一。
個性の強過ぎるクラブ員が多く、それぞれがいきいきしている、そんなクラブです。


f:id:ivusatimes:20161210190903p:plain



◯最近気になる社会問題

コンビニの夜勤を3年間続けてきて思うことがあります。

それはコンビニの24時間営業の闇です。
確かに便利だと思います。

しかし、夜に店が開いていることで深夜徘徊、犯罪増加、従業員の過労酷使、etc...
従業員に対しても社会に対しても悪影響しか与えないこの仕組みをなんとかしたいと思っています。

けど、こればっかりは熱意でなんとかなる問題ではないので、まずはIVUSAの約3000人の会員にこの社会問題を広めるところから始めようと思います。

f:id:ivusatimes:20161210190804p:plain

        
◯クラマネになった理由(話すと長いです)

高槻クラブは僕らの代から増え、10数人しか同期がおらず、1年の時からクラブ化の話をしていました。その中で自分はかなりIVUSAを頑張っていたので役員には出ること決めていました。おれがやらなあかんと思っていました。
でもクラマネにはでないつもりでした。それはもう一人の立候補者の高槻クラブへの思いの強さを知っていたからです。だったら自分は裏で支えようと思っていました。

そこから何が理由でクラマネに立候補したのか。
それは同期の存在です。
実は同期のみんなはクラブ化には大反対していました。誰が役員やるん?とか、きつそう…とか吹田が好きだからとか言っていましたね。
でもそんな中、まさしが出るなら頑張る、まさしが出るなら続けるとかいう同期もいて。
もう一つの決め手は立候補締め切り二日前くらいに、今まで俺ら頑張ってきたんやからお前も出ろや、一緒に出ようやと本気でぶつかってきた同期Cでした。

その後、当時はCに勝った責任と、俺がやらなあかんという責任の二つだけでやっていて押しつぶされそうな時もあってしんどかったです。
でも今は、なんやかんやでめちゃくちゃ支えてくれる同期もいて、イケイケの2年がいて、元気な1年が入ってきて、学祭でみんなで作業したり、木津川でひいひい言いながら準備したり、アホなことしたり、先輩が後輩の相談受けたりして、そんな小さなことですら楽しいなぁ、クラブってええなぁ、クラマネできて幸せだなあと感じています。
今の大好きな高槻クラブをもっとよくするためにまだまだ頑張ろ。そんな気持ちですね。


長くなりましたが最後まで見ていただき有難うございました!これからも高槻クラブをよろしくお願いします。




〜大阪高槻クラブ〜
クラブマネージャー:高野将史(関西大学3年)
所属人数:68人(12月12日時点)
所属大学数:1大学